2012年12月26日

GIANT IDIOM2(2011) 改

夏に買ったミニベロを今更ながら紹介。
2011年モデルのIDIOM2型落ち、4万也。

元は8速フラットバー仕様だったんですが、改造した結果「IDIOM 0.5」といった感じに。

フレームはモデル内共通なので、フロントシングルのIDIOM2でもFDアウター受けが付いており、
部品があれば容易にフロントダブル化可能。

IMG_0384

【コンポーネント】
 交換したポイントのみ記載。
 なんとも言えないゴチャまぜ構成。

 ディレーラー リア:DEORE RD-M592(9s) フロント:FD-R440(※)
 クランク    TIAGRA FC-4600
 シフトレバー SORA ST-3500
 スプロケ   TIAGRA CS-HG50-9 11-25T
 ブレーキ   TEKTRO R540(シュー交換)

 ※「KCNC フロントディレーラーブラケット」で角度調整

【改造ポイント】
 @コンポ周り
  ○リアディレーラーは輪行対策でシャドーディレーラーに
  ○10速STIが高いので3500系SORA使用
  ○ブレーキは有り合わせなので標準よりはマシな程度

【改造後の感想】
 ロードとは比べるまでもなく、速度域はクロスバイクと同程度です。
 利点は小型ゆえの身軽さと、ドロップハンドル化による快適さの両立でしょうか?

 フォーク周りなど弄ればかなり軽量・快適化できますが、
 折りたたみ機能がなくなるので考えねばなりません。

【その他】
 価格優先でシフトレバーをワイヤー外出しなSORAにしましたが、
 ワイヤー内蔵式(新105)と比べてシフトがかなり軽いことに驚き。

posted by s.sasaki at 16:17 | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。